西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安 旅行

半分坂遺跡
半分坂遺跡は西安市の東部に位置し、黄河流域にある典型てきな原始社会の女家長氏族の村遺跡で、新石器時代の仰韶文化に属する。6000年ごろの歴史を持って、面積は5万平方メートル。45軒の部屋、200個の穴、6っ箇所の窑遺跡、250の古墳、また、千個以上の生産用具と生活用品が掘り出される。景区は居住、陶器製作、古墳三つの部分に分けて、居住区は村の中心区である。また、半分坂人使った用具は主に木と石で造りだす、女は主要な労働力として、社会では高い地位をもって、尊重される。半分坂遺跡は一つの観光名所だけでなく、または中国の原始社会研究に対して、重大な貢献をする。観光客は人類起源の単純さを体験できるし、先祖の艱苦的な足跡も分かってになる
兵馬俑
1974年3月地元農民の偶然の発見によって、地下に二千年も眠っていた世界を驚愕させる兵馬俑がようやく日の目を見た。坑は発掘順序に基づき一号坑、二号坑、三号坑と名づけられた。最大の一号坑は長さ230メートル、幅62メートル、深さ5メートル、総面積14260平方メートル、兵馬俑の数は約六千体、二号坑は6000平方メートル、俑の数は千体余り、三号坑は500平方メートル、俑の数は58体に過ぎず、地下軍の司令部に当たる。兵隊俑の平均身長は180センチ、顔の表情はそれぞれ異なり、身分により服装もまちまちであるが、いずれも手に武器を握っていることだ。一部の俑にはまだ色彩が残っている。殉死制度のあった時代に人間に代わって陶製の人形を殉死品とすることから、人類文明の進歩を窺うことができる。

http://www.xiantabi.com