西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安 1 日 観光

西城門
西城門は昔のするクロードの起点が見える。
陶磁器、シルクなどを馬に乗せて、ここから出発し、西域の香料、鉄器などをから中国へ。
西安の城壁で最大の西門。
絹の道ことシルクロードは、「シルクロード : 長安=天山回廊の交易路網」という名称で2014年に世界遺産に登録されました。
南城壁
唐の長安城が基礎になっている城壁
中国道教の伝統によって“東青竜,西白虎,南朱雀,北玄武”の話があり、青竜、白虎、朱雀、玄武は四方を守っているそう。で、各王朝には宮殿を築く時は殆どこの方法で造る。だから、唐の長安(現在西安)皇城の南城門は又朱雀門とも言い。しかし、唐代には長安城の皇城南城壁の正面が朱雀門であった。
大明宮遺跡
唐大明宮遺跡は西安市の北郊にある竜首原にあり、唐代には長安城にある三大宮殿の一つである。唐高宗から政治の統治の中心になったのは200年も存続し、唐末に戦火に焼かれ、遺跡が今でも陝西省西安市の市街の北部に残っている。
大明宮は634年に建設が開始され。662年大明宮に大規模な拡張工事を行い、周囲7.6面積3.3平方、北京の紫禁城の面積の4.5倍の広さとなった。宮城の南部は長方形をしており、北部は南が広く北が狭い台形になっている。大明宮は前朝と内庭のふたつの部分に分けられ。前朝は政治を執り行う部分で内庭は居住や宴会などを行う部分であった。
大明宮の周囲の長さは15里、正方形の形をしています。 宮中の建築仏は3つの部分から成り、それぞれが塀で仕切られています。
大明宮は中国の古い建築の傑作だったが、唐末期に朱温によって破壊されてしまった。
現在、遺跡には元殿、麟徳殿、三清殿、翔鸞閣、栖鳳閣、太液池、蓬莱亭などの址が残っていている。
http://www.xiantabi.com