西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安 日帰り 観光

陜西省歴史博物館
唐代の建築様式を取り入れた中国一の博物館であり、収蔵品が37万点、そのうち6000点が常時展示されている。原始社会から明の時代までの長い歴史を代表する貴重な文化財がここに集められ、一堂にして中国の5000年の歴史を巡ることができる。特に唐代の壁画展示が人目を引く。300㎡の唐代の壁画から34枚を厳選し、公開している。いずれも中国最高のレベルに達しているこの壁画は宮廷生活や楽隊、儀杖隊、狩猟風景などが多彩に描かれ、中国古代絵画の最も重要な遺産である。
鐘楼
鐘楼は西安市内の中心にある。ここを起点として東西南北に四つの大通りが伸び、それぞれ四つの城門に通じている。この四つの大通りが市内の交通網の基軸となっている。鐘楼は正方形の木造建築で、高さ36m、敷地1377平方m、高さ8mの煉瓦造りの土台の上に立っている。昔、時を告げるため、明の洪武十七年(1384年)に造られた。もとは広済街にありましたが1582年に今の所に移った。塔の上にかつて、大きな鐘が吊るされていた。鐘は毎朝70回撞かれ、鐘を撞き終わってから東西南北にある四つの城門がそれぞれ開けられたと言われている。 今、鐘楼の鐘の音は録音されており、毎朝市民に時刻を告げている。鐘楼は外から見れば華麗な三階建てであるが、実は軒が三層、建築は二層です。楼の四方にアーチ型の通路があり、楼の中に階段もある。天井には綺麗な花の模様が描かれている。四方の門の人物像にはそれぞれ面白い来歴がある。この壮観な建物の造営のには釘が一本も使われていない。鐘楼は清代の乾隆五年(1740年)に修理された。また、1953年7月から1954年6月にかけて全面的な大修理が行われ、ペンキも塗り直され、現在の姿は全く昔日と同じです。楼上からは市内の街並を一望できる。
鼓楼
鐘楼と向かい合って、西北に500メートルのところにももう一つの立派な古い建物鼓楼がある。鼓楼は鐘楼より4年早い西暦1380年に建てられた。昔、鼓楼には大きな太鼓があり、夕方になると太鼓を叩いて時刻を知らせるので、鐘楼の「晨鐘」と同じように、「暮鼓」という言葉あり、鼓楼と呼ばれたのである。
鼓楼は土à蚊娣eが1924平方メートルで、高さは34メートルである。土台全体が青いレンガで築き上げられている。楼閣は長方形で、表から見れば三階建てで、内部は実は重縁式の二階建てである。表の軒に「闘 」が飾ってあり、周りに回廊があり、内外とも金張りと色彩絵で飾り、非常に美しい。鼓楼は陝西省重要文化財に指定され、二回にわたって大規模な修繕を行い、昔のように立派な面影を戻したのである。
http://www.xiantabi.com