西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安現地ツアー

華清池
西安の華清池は、中国の三大美人楊貴妃と唐の玄宗皇帝の恋物語の舞台で知られる離宮です。ここでは3千年前に近くの火山が爆発して、その時に温泉が発見されました。それ以降歴代の皇帝がこの地を、温泉の湧く観光地として開発しました。楊貴妃が生きていたのは西暦719~756年ですから、その頃はすでに温泉施設が整っていました。施設には、蓮花湯、海棠湯、星辰湯などの温泉風呂が作られ、楊貴妃は海棠湯を主に利用していました。現在、お風呂は復元され、御湯遺跡博物館として一般に公開されています。
大雁塔文化休闲景区
大雁塔は、慈恩寺の境内に建てられ、高さが64.1mあり、7階のレンガ造りになっています。この塔が建てられたのは、慈恩寺の高僧でインドに巡礼に行っていた玄奘三蔵が、645年にインドから持ち帰った仏教の経典を奉納する場所として建てられたのが理由です。
玄奘三蔵は、「西遊記」の三蔵法師のことで、かなりの秀才だったそう。翻訳も得意だったので、当時の皇帝2代目太宗の命令で、インド語で書かれた経典を中国語に訳しました。翻訳は20年もかかり、できあがったのは玄奘三蔵が亡くなる少し前でした。
大雁塔の周りはこれまで様々な開発が行われ、「風景区」と呼ばれるように一つの観光エリアになっています。近くには繁華街もでき、観光客で賑わっていますよ。
西安半波博物館
西安半波博物館は、西安の市街地の東側約6kmのところにあります。この博物館では、6000年も前に西安黄河流域に住んでいた人々の集落の遺跡をドームで囲み、博物館として観光用に公開されています。
現在展示されている遺跡は総面積約5万㎡で、エリアは居住用、製陶用、墳墓用というように目的に応じて分かれています。このほかに博物館では、観光客への情報提供として展示室が3つ、そして遺跡のホールが1つあります。
各展示室には、中国原始社会の概要や集落の形態、文化、歴史が展示されています。また、遺跡ホールには、家屋や共同墓地などが展示されており、西安半波博物館に行けば西安地域の古代の生活に触れられますよ!
陕西歌舞大剧院
西安にある陕西歌舞大剧院は、1998年に観光用に作られた劇場です。建屋内にはレストランがあり、観光客の多くは、まずそこで食事を取った後、劇場の方に移動し、ダンスと歌のショーを鑑賞します。食事は、一般的な中国料理や焼売などの蒸し料理が主なもので、卓上で料理される鍋物もあり、かなり豪華なものになっています。
ショーの内容は、西安に都があった唐時代の歌と踊りで、衣装や舞台装置など、唐の歴史専門家や学者、芸術家などのサポートの下に、忠実に再現しています。
http://www.xiantabi.com