西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安窯洞観光案内

黄河中流に位置し、黄土高原の丘陵にある延安地区では、町あるいは村のどこであっても、今もなおほとんどの人が窯洞で日々の生活を送っている。最も原始的な窯洞を本当に理解したいと思うなら、そこに数日でも暮らしてみることだろう。ずいぶんと遠い昔、はるか遠い北方から黄土が風に乗って西北高原まで運ばれ、一日また一日と、そして一年また一年と繰り返されるなか、陝西省北部の地にとてつもなく広く、また土層の厚い黄土地帯が形成されていった。窯洞がこの土地に出現したのは、人が住むようになってすぐのことだ。窯洞はまさに黄帝の子孫が繁栄し、生活し、燦爛と輝く文化を創造したところである。

窯洞の形態は多種多様である。町では石やレンガ製が多いが、農村では多くが土洞あるいは石材を組み合わせた洞だ。陝西省北部で最も典型的なのが、山を利用した窯洞。天然の土壁を切り開いて造ったもので、普通、洞の幾つかは互いにつながっていて、また上下に幾層も並ぶ窯洞もある。泥や土が落ちるのを防ぐために洞内にレンガや石を敷き詰めたり、崖面を保護するために洞外にレンガ壁を設けたりしている。

人間の住まいはその土地の地形や風土、気候に適するように造られてきたが、黄土高原の窯洞はまさにその典型だ。断崖に穿たれた洞窟はまさに天然の地形そのもの。冬暖かく、夏涼しく、生活に非常に適している。新石器時代黄河中流の氏族は黄土層を壁にした土穴で部落生活を営んでいた。木の枠や草を混ぜた泥で造った簡素な住まいで、次第に集落が形成されていった。

窯洞で最も手の凝った、最も美しい部分は恐らく窓だろう。アーチ型の入り口には木の格子が様々な秀麗な文様を織り成している。黄土高原という色彩の単調な世界を飾ろうと、住む人々が窓の形に合わせて貼っているのが切り紙だ。窓は唯一の光源。窓の外に貼られた切り紙は外から見ると色鮮やかだが、なかで見ると明るく落ち着いた雰囲気を醸し出している。光と色がうまくマッチした芸術の美、とでも言える。

http://www.xiantabi.com