西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安観光 西安大雁塔 西安大慈恩寺

西安大雁塔 西安慈恩寺
2014年6月22日に世界遺産総会で、シルクロードで、世界文化遺産に登録しました。
隋の時代に長安城の南に無漏寺という寺が創建されました。「漏」とは煩悩ということです。ゆえに無漏寺は煩悩を超えた悟りの世界、すなわち浄土の世界をめざすとうかがえます。後に唐の三代皇帝高宗が亡くなった母・文徳皇后の冥福を祈るために、高宗の皇太子時代の648年に無漏寺を皇族寺院に増築しました。それと同時に、寺の名前を大慈恩寺に改めました。当時、大変な人望を持った高僧・玄奘三蔵法師が大慈恩寺の初代住職の任に当たりました。それから玄奘は12年にわたって経典の翻訳に携わっていました。有名な般若心経がここで彼の手によって訳されたと伝えられています。
大雁塔 大雄宝殿
三蔵法師河南省で生まれ、628年から国禁を犯してインドを訪れ、大乗仏教の立場から勉強に努めていました。その間、小乗仏教の僧侶たちとの弁論大会において、彼は優勝を取ったといいます。そうすると、彼本人だけでなく、その国籍・唐の王朝の名も高めました。中国人に仏法を弘めようとして、645年に帰国の途につきました。当時、インドから657部の貴重な経典を持ち帰りました。のみならず、玄奘は唐の太宗から依頼されて17年にわたった旅を『大唐西域記』に整理しました。これは後の『西遊記』のモデルにもなっています。
大雁塔 三蔵院
経典の保存という考えでしたから、玄奘は仏塔の建立を高宗に願い出ました。そこで652年に大慈恩寺の境内に一基のタワーがきれいにそびえるようになりました。玄奘がインドの雁塔をまねて設計したことによって、同じく雁塔と名付けたそうです。数十年後に長安城内にもう一つの雁塔が建てられました。二つのタワーを見分けるように、新しい雁塔はゆるやかなカーブを描き、細長く見えるから小雁塔といい、古い雁塔は軒と軒の間隔を広くとった楼閣式で、雄大に見えるから大雁塔といいます。
大雁塔 ライトアップ
最初、大雁塔は五階建てでした。則天武后の時に大改造を行って十層になりましたが、その後の戦乱によって七層から上が崩壊してしまいました。現在の塔は煉瓦造りの七層で、高さ64m、中に螺旋階段があり、最上階まで登ることができます。各層の四方にあるアーチ型の小窓からの眺めがきれいです。すでに1300年を経過し、震度7以上の地震に2度見舞われた大雁塔は、唐代の仏塔の姿を最もよく留めるから、西安のシンボル的存在として親しまれています。
大雁塔北広場~西安イルミネーションツアー
大雁塔北広場は西安のシンボル、西遊記三蔵法師のお経を保存する為建立された大雁塔の北側にある広場です。この広場は、大雁塔を中心として、唐の歴史文化を尊重した現代唐風の町を目指して、作られた中国唯一の唐文化広場です。大雁塔を最も美しく望むための仕掛けとして、中央に塔を映す水面、周辺に緑陰ゾーンを設けました。
伝統的都市形態「里坊の格子」や長安の城郭パターンを反映し、9つの階段状の水面と周辺に格子状グリッドのあるシンプルな構成としました。水面は、階段を流れる水流、鏡の水面、壮大な噴水で構成されており、普段は水が抜かれ、全体が一体的に利用できる広場となります。とくに、平日1日に2回の音楽噴水ショー には、毎日多くの人々が訪れ、水と光と音楽の演出を楽しむなど、市民の憩いの場として親しまれ、新しい観光スポットとして多くの人を集めています。大音量の音楽に合わせて上がる噴水ショーの気勢が雄壮偉大ですし、ライトアップされた大雁塔の夜景が美しくて、夏は、夜になると人々が集まり、風景を楽しみながら、夕涼みに大変楽しんでいるようです。

http://www.xiantabi.com