西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安観光 西安観光名所 西安観光お勧め 西安観光オプショナルツアー

弘法大師空海ゆかりの青龍寺
有名な遣唐使弘法大師空海に縁のある青龍寺(せいりゅうじ)(青竜寺も書く)は西安市の東南部、楽遊原にあり、582年に創建されました。元の名前はは霊感寺と言いましたが、711年に青龍寺と改名されました。
青龍寺
唐の時代にはかなり有名な寺院であったようで、日本との縁も深いです。658年~649年の間に19回の遣唐使長安を訪れています。著名な「入唐八家」のうち、空海、円仁、円行、円珍、恵運、宗叡の6人僧侶がここで仏教密宗を学びました。最も有名なのは弘法大師空海です。空海は804年にここで恵果法師を師として、真言密宗を伝習しました。
青龍寺 桜
1981年、日本仏教界は青龍寺の境内に、空海記念堂と空海記念塔を建立しました。日本真言密宗の参拝団の記念植樹した桜の木が13種類、1000本以上、栽培されています。
ここ青龍寺四国八十八箇所巡りに所縁があるので、0番札所ですので、スタンプを押してくれます。四国4県の人達の寄付によって再建された経緯もあるので、建物も唐様では無く日本的な感じがします。本堂の脇の別室で朱印帳を受け取れます。

西安 大唐不夜城 夜景観賞と歩道街散策
大唐不夜城
大唐不夜城は【西遊記】で御馴染三蔵法師ゆかりの西安のシンボルとされている大雁塔の南にあります。敷地面積967ムー、総投資額50億元です。ここ、大唐不夜城は唐代の文化ををテーマとする全長1500メートル、幅480Mの彫刻・塑像が並んでいる中央景観大通りです。アジア一と呼ばれる大唐不夜城には、開元広場、貞観広場、玄奘広場、開元盛世テーマ彫刻、(則天)武后行従彫刻、貞観ノ治テーマ彫刻、大唐群英彫刻なども順次展開して、玄奘三蔵法師、唐の太宗李世民、有名な詩人李白などなどの御馴染の唐代人物の青銅彫刻・塑像の中でぶらぶらする時に、千年前の栄えている大唐時代に帰る気がします。
唐代人物の青銅彫刻・塑像
この不夜城には、ショッピングモール、飲食、レジャー、観光、ビジネスなど諸機能を備える新しい観光エリアとしても注目されています。夜になると、大雁塔より、開元盛世テーマ彫刻まで、ライトアップされ、特に開元盛世テーマ彫刻広場では、円形の柱のLEDで、花火、京劇くま取り、海族館の魚などを表現していて、絶対見たいです。ものすごく奇麗な大唐不夜城は絶好的な西安ナイトツアーの観光施設になると思います。
http://www.xiantabi.com