西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安旅行 西安観光 西安現地ツアー 西安観光スポット小雁塔

小雁塔
市内の南門から約3キロのところにある。長安のほぼ中心に位置する高さ43.3メートルの塔で、薦福寺の境内に建っている。大雁塔と比べて小さいことからこの名がついた。塔は高僧の義浄が天竺から持ち帰る仏教の経典、仏図などを保存するために建てられる塔です。薦福寺は、684年、則天武后が高宗の崩御百日忌に、その冥福を祈るために、創建した寺であるが、現在は寺院建築は残されていない。当時の塔は15階建てであったが、地震で二階部分が崩れ、現在では13階建てになっている。
小雁塔の「神合」
長い年月の間に、小雁塔には「神合」といわれる歴史的な出来事があった。1487年、震度6クラスの大地震が発生し、塔のまん中に、1本の大きな亀裂が入った。34年後の1521年、再び大地震に見舞われ、その時に、一晩にしてその亀裂がふさがったという。
人々はこれを不思議に思い、小雁塔がもとの状態にもどったことを「神合」と呼んだ。1555年9月、王鶴という役人が故郷へ帰る途中、小雁塔に投宿した。その時、この不思議な「神合」の話を聞いて驚き、その内容を、塔北側の入口の横木に刻んだ。
建国後の修復時、「神合」ではなく「人合」であることが判明した。当時の大工が、西安の地質状況を考えて、塔の基礎部分を、土を固めた半円状にして、揺れを分散させていたのだ。そのため小雁塔は、起き上がりこぼしのように倒れることなく、70回以上の地震にも耐えられたのだ。昔の匠の高度な技術に感嘆せずにはいられない。
乾陵
西安の西北約80キロの乾県に位置する乾陵は、唐代の第3皇帝の高宗、李治和とその皇后で中国唯一の女帝であった武則天則天武后)の陵墓で、“唐十八陵”の中で保存状態が最もよい皇帝の陵墓といわれている。 また、中国の歴史上で唯一、二人の皇帝が一緒に葬られている珍しい墓でもある。
かつては内壁と外壁で城壁が囲まれていたが、現在外壁はすでに消失している。参道には馬、高宗の葬儀に参列した外国の使節や、武官、文官、献上された動物をかたどった石像が120体ほど並んでいる。
陵墓の南東には太子や皇子、公主(皇帝の娘)など17の陪塚があり、永泰公主、章懐太子、懿徳太子の墓はすでにすでに発掘が済んでおり、4300点あまりの出土品が乾陵博物館に展示されている。 17歳で自害させられた高宗の孫娘、永泰公主の墓に描かれた美しい官女たちの壁画は当時の工芸技術の高さを物語る。
梁山には3つの峰がある。北の峰が海抜1047.9mと一番高く、合葬墓はこの峰にある。南にある二つの峰はそれより低く、東西に対峙するその中央に「司馬道」がある。この二つの峰は「乳峰」と呼ばれる。唐高宗と則天武後の地下宮殿は盗掘にあってないというがまだ未発掘である。博物館は永泰公主墓の側にあり、乾陵を中心とする墓群で発掘された文化財が多数展示されている。墓内には、日本の高松古墳のような壁画が見られる。
唐高宗陵墓碑は、高さ2m。もともとあった碑は破損しており、現在の碑は清乾隆年間に建てられたものだ。この碑の右前方には、郭沫若によって「唐高宗李治与則天皇后之墓」の12文字が書かれた碑がある。
http://www.xiantabi.com