西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安観光名所 西安市内観光 西安観光 西安現地ツアー

華清池
市内から東へ30キロ行った郊外の驪山のふもとにある有名な温泉池である。周代から三千年以上の歴史を持つ。唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスがこの地を最も有名にしている。
3000年前に、この山が爆発して温泉が湧き出たため、歴代の皇帝も、ここを行楽の地として大掛かりな造営をした。玄宗皇帝も華清宮を作り、毎年冬から春にかけて、楊貴妃を伴い、酒楽の日を明け暮れ多くのロマンスを生んだ。「春寒くして浴を賜う華 清の池、温泉の水滑らかに凝脂を洗う。」白楽天の「長恨歌」は二人の愛情を如実に歌うと同時に二人の贅沢きわまった生活振りも反映している。
現在、かつての楊貴妃が「凝脂」を洗っていた浴槽が昔のまま保存されている。楊貴妃が入浴したとされる「海棠湯」は、海棠の花の形をしている。玄宗が入ったといわれている「蓮花湯」と「海棠湯」、「星辰湯」は復元され華清宮御湯遺跡博物館として一般公開されている。湯泉は、現在でも入浴でき、リューマチや関節炎に効果があるという。華清池は、1936年に西安事件が起きた場所としても有名である。
浴場の遺跡
蓮花湯
この華清池は唐の詩人白楽天の「長恨歌」に歌われた唐の玄宗皇帝と楊貴妃とのラブロマンスの舞台として有名。「春寒くして浴を賜う華清宮、温泉の水滑らかにして凝脂を洗う」と楊貴妃がここの温泉で美しい肌を洗ったと言われる。
敷地の中にある御湯遺跡博物館では、楊貴妃が好んで湯浴びした海棠湯、玄宗皇帝と愛を育んだ蓮華湯、宮女専用の尚食湯、太子湯など浴場の遺跡が発掘され、一般に公開されている。
楊貴妃
楊貴妃は、原名:楊玉環、中国陝西省出身です。音楽、歌、踊りにも長じた傾国の美女です。唐の皇帝、玄宗の十八番目の息子の妃妻でしたが、玄宗皇帝に見染められ、宮廷の女官になりました。後の天宝四年(745年)、貴妃に封じられました。三十八歳の若さで死んだ楊貴妃は中国古代の「美人」と称されています。
楊貴妃墓は、楊貴妃の衣装を入れた墓です。咸陽市興平県馬崽鎮の西側から500メートルに位置し、西安から60キロメートル離れています。玄宗皇帝が寵愛した貴妃の墓として、1200年も経ちました。現在は陝西省の文物保護単位で、中国AA級の観光地です。墓は半球状を呈し、3メートルの高さで、青レンガで積まれています。後ろに高さ6メートルの楊貴妃の大理石塑像があります。歴代の文人玄宗皇帝とのラブストーリをたくさん書き、楊貴妃墓は世の中によく知られるようになりました。
台形の楊貴妃墓園は山に寄り掛かり、気迫があります。園内には唐献殿、青レンガ墓があり、両側には唐の文人たちが書き付けた詩の石刻32基、300以上の詩が含まれています。園内には勝景園、太真閣、望都亭、観音殿など、唐の時代を真似して建てられた建築もあります。そして、ボタン園や桃花園、観魚池などもそれぞれ分布しています。
http://www.xiantabi.com