西安観光|西安観光ツアー|西安現地発ツアー|西安発兵馬俑ツアー|西安発華山ツアー|西安発シルクロートツアー|西安旅行|西安現地旅行会社

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安日本語ガイド、西安旅行、西安旅行社、西安現地観光ツアー、西安現地発ツアー、西安華山ツアー、西安格安ツアー、西安シルクロードツアー、西安発張掖丹霞地貌ツアー http://www.xiantabi.com

西安観光 西安旅行 西安観光名所

西安観光
 西安は中国陝西省の政治、経済、文化の中心であり、交通の要でもあります。西安市街区の面積は1066平方キロメートルで、人口は525万人です。 西安は温帯半湿潤季節風気候に属し、四季の変化がはっきりしています。年間平均気温は14度くらいで、1月の平均気温が1度、7月の平均気温は26度です。雨雪が少なく、年間の平均降雨量は600ミリしかありません。
 西安はかつて「長安」と呼ばれ、ローマ、アテネ、カイロと共に世界四大文明の古都でした。紀元前11世紀、周文王が灃水の両岸に豊と鎬の二京を造り、3100年に亘る都としての歴史が始まりました。紀元前11世紀から紀元10世紀にかけては、西周、秦、漢、隋、唐など13の王朝が相次いでここに都を設けました。西安は東と西の文化を繋ぐ、シルクロードの起点でもありました。唐代には多種多様な人や物が行き交う、世界最大の国際都市でした。今でも市街地は城壁で囲まれ、古都の赴きを強く残しています。
 唐の時代には、日本からたくさんの遣唐使長安に派遣されました。阿倍仲麻吕は長安に54年も滞在し、宗教文化の紹介や日中両国の友好に贡献をしました。空海青龍寺で密宗文化を一心に学び、密宗の法を授かりました。帰国後は、日本における密教伝播に多大な功績を残しました。このことから現在、西安京都市奈良市と友好都市の関係にあります。
 西安のおもな観光地は世界遺産兵馬俑をはじめ、大雁塔、華清池、陝西博物館、青龍寺、鐘楼、法門寺などです。まさに観光の宝庫であり、毎年内外から多くの観光客が訪れています。
碑林
唐末から五代のころにかけて建てられた。唐の天佑元年(紀元904年)に節度使韓建が長安城縮小工事の際、重要な碑石が散逸しないようにと「石台孝経」と「開成石経」を尚書省の西に移し、宋代にそれらを他の石碑と共に再び現在の碑林跡に戻した。その後、石碑の陳列と保護のための建物が建てられ、金と元の時代にもたびたび修築された。明の嘉靖34年(1555年)、関中大地震では碑林もおおきな被害を破るも、万歴年間の修理保全を経て現在に至る。院内の木の牌坊と石門は明代の建築で、その格子や門の上の石彫は明代の典型的風格を持っている。清の康煕年間に石碑の補修がなされ、乾隆年間に建物の大規模な改修が行われた。またその後、明、清の石碑を設置するために更に3棟を増築した。石刻室には中型、大型の昭陵六駿など国宝クラスの石碑ばかりが展示されており、碑林には漢、魏、隋、唐、宋、元、明、清各王朝の碑石、墓誌が約2300基出蔵されている。その優れた書で知られているものには、張旭と懐素の「千字文」があり、他にも李斯、欧陽詢顔真卿、柳交権など名家の筆跡が千余年の時を超えて残されている。
http://www.xiantabi.com